環境省自然環境局 のWebサイトに象牙に関するQ&Aが掲載されています。
象牙の扱いに関する現状を皆様にもお知らせしたいと思いますので、
少しずつご紹介いたします。

問5 日本はワシントン条約で象牙の輸入が規制される前に、過去にどのくらい象牙を輸入したのです か?

日本では、過去に、

① ワシントン条約によりアフリカゾウの国際商取引が禁止される以前(1990 年 以前)と、②その後に特別に認められた 2 回の国際的な商取引(1999 年と 2009 年)にて、象牙を輸 入しています。その量は以下のとおりです。

  ① 日本がワシントン条約の締約国となって(1980 年 11 月 4 日発効)以降、象牙の国際取引禁止ま での間(1981~1989 年)で約 2,006 トン(※1)、

  ②その後、1999 年と 2009 年の 2 回、ワシントン条約の締約国会議で定められた手続に従って特別に 認められた国際商取引の際に約 89 トン

・日本がワシントン条約の締約国となる以前の輸入量に関する累計値は存在しませんが、統計が残って いる 1980 年より前にも象牙は国内に輸入されています。

・なお、条約適用前に取得されたものとして輸出国が証明書を発行し輸出を認めたものについては、 1990 年以降も輸入が認められています。

※1:ワシントン条約事務局が提供する CITES Trade Database (http://trade.cites.org/ )から抽出し たデータより算出。


詳しい内容はこちらから
環境省自然環境局Webサイト