種の保存法が改正されました。

平成26年6月1日から新たな規制・手続きが始まります。

インターネット等での広告も規制され、違反すると、30万円以下の罰金が科せられます。
また、登録票に記載された区分に変更を生じた場合、登録票を返納するか、変更登録の手続きをする必要があります。
違反すると30万円の罰金(登録票を返納しなかった場合)、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(偽りその他不正の手段により変更登録を受けた場合)となります。
登録票に記載された区分内の主な特徴に変更を生じた場合、書簡交付の手続きをすることができます。
違反すると1年以下の懲役又は100万円以下の罰金となります。